レコード

【超初心者向け】2万以下で買えるスピーカー内臓レコードプレーヤー5選

レコードプレーヤーって色々種類がありすぎてどれを買えば良いか分からないですよね。

なんだか専門用語も多いし、
そもそもレコード聴くために何が必要なのかもよく分かっていない・・・。

実は僕もレコードデビューするまではそんな感じでした。

坂道オタク
坂道オタク
レコードプレーヤーだけ買えば良いと思ってたけど、そうでもないのね。

こだわる人は「アンプ」とか「スピーカー」も必要だね。

基本的にレコードを聴くために必要なものは大きく分けて3つです。

レコードを聴くために必要なモノ

・レコードプレーヤー
・アンプ
・スピーカー

レコード初心者
レコード初心者
そんなに必要なの?めんどくさい・・・。

気持ちは分かります。でもご安心ください。

最近は上記の3つがすべて一体になった「スピーカー内臓型レコードプレーヤー」というものが販売されています。便利な世の中です。

レコード初心者
レコード初心者
すごい!

ようはこれ1台あれば手軽にレコードが聴けちゃうわけです。

ちなみに僕が持っている「ION Superior LP」という機種もスピーカー内蔵型です。
これ1台だけで難しい接続なんかもなく手軽にレコードが聴けるので気に入ってますよ。

ということで本記事では、
レコード初心者の人のために「おすすめのスピーカー内臓型レコードプレーヤー」を5つ紹介します。

「とりあえずレコードを体験してみたい!」

「そんなに高いお金は出したくない・・・!」

という人のために今回は2万円以下に限定して選出しました。
レコード鑑賞に興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

レコードは最高よ。まじで。

レコードを聴くために必要なもの

まずは「レコードプレーヤー」についての基礎知識を書いていきますね。
「とっととオススメの一体型プレーヤー教えろや」って人はここをタップして読み飛ばしてください。

レコード初心者
レコード初心者
勉強させていただきます。

前述したようにレコードを聴くために必要な機材は大きく分けて3つ。

・レコードプレーヤー
・アンプ
・スピーカー

それぞれこんな↓役割があります。

・レコードプレーヤー(レコードを針で読み取る装置)
・アンプ(読み取った信号を増幅させる装置)
・スピーカー(それを出力して流す装置)

レコード初心者
レコード初心者
「プレーヤー」と「スピーカー」が必要なのは分かるんだけどさ、「アンプ」ってなに?

お教えしましょう。

実はレコードプレーヤーの針で読み取れる信号というのはかなり微弱。
音声として出力するためには、読み取った信号を「増幅」させる必要があるのです。
その「増幅」をしてくれる装置が「アンプ」なんですね。

つまり、

①レコードを針で読み取る

②読み取った信号を「アンプ」で増幅

③それを出力し「スピーカー」で流す

簡単にいうとレコードとはこのような仕組みで出来ているのです。

ちなみにそれぞれの相場はこちら↓

・レコードプレーヤー(¥10,000〜¥200,000)
・アンプ(¥15,000〜300,000)
・スピーカー(¥10,000〜¥200,000)

レコード初心者
レコード初心者
たっか。

分かる。

ちなみに金額の下限はこんなもんですが、上を見ればキリがありません。
何十万円とするアンプやスピーカーなんて沢山販売されています。
つまり、こだわろうと思えばどこまでもこだわれちゃうっていう世界なんですね。

なので一般的に初心者がそれなりの機材を揃えようと思ったら、最低でも3万円くらいはかかる計算と思って良いでしょう。

初心者は「スピーカー内臓型レコードプレーヤー」がオススメ

「めんどくさい」「高い」とレコードを諦めかけているそこのあなた。
そんなあなたにオススメなのが「スピーカー内臓型レコードプレーヤー」です。

冒頭でも書いたように、
レコードを聴くために必要な「アンプ」「スピーカー」が最初から内臓されているタイプのプレーヤー。
これ1台買えばすぐにレコードを聴けるという代物です。

レコードプレーヤー
レコードプレーヤー
すげえ!

価格帯も8,000〜¥30,000くらいなので、手軽にレコードを楽しみたいという人にぴったりですよ。

【注意】「スピーカー内臓型レコードプレーヤー」を買ってはいけない人

一つ注意点なんですが、
「音質にめちゃめちゃこだわる」という人は「一体型プレーヤー」は買ってはいけません。

レコード初心者
レコード初心者
なんで??

いくらスピーカー内臓と言っても、
アンプ・スピーカー別のレコードプレーヤーの音質にはどうしても勝てないのです。

なので「スピーカー内臓型プレーヤー」の音質はあくまで”それなり”と思っておいてください。

それでも初心者には十分な音を出してくれる機種もちゃんとあります。フラットにレコードを楽しむ分には十分の音質ですからご安心ください。

なので一体型プレーヤーがオススメなのは

・なるべく安価で抑えたい人
・難しい機材とか面倒な人
・とにかく手軽にレコードを楽しみたい人

逆に値段が上がってでも音質にこだわりたい人は「アンプ」「スピーカー」別売タイプを買うのが良いですよ。そっちはそっちでこだわりだしたら「沼」です。

2万円以下で買えるおすすめレコードプレーヤー5選

ION AUDIO Archive LP/¥7,754

この商品の特徴

・スピーカー内蔵型の定番機種
・入門機種で低価格なので手が出しやすい
・初めてのレコードに最適

ION AUDIO Archive LP」はスピーカー内蔵型プレーヤーの定番機種。
1万円以下で手軽にレコードを楽しみたいという人にピッタリのプレーヤーです。

木目調のデザインが人気の機種ですが、音質に関しては「それなり」だと思ってください。

Amazonでは「音が軽い」「チープ」というレビューもありますが、まあ価格を考えると相応とも言えるでしょう。逆にその「チープ感」が味があって良いとの声もありました。

ちなみに「USB端子」「RCA端子」装備なので外部スピーカーに接続することも可能です。音質にこだわりたい人は外部スピーカーを使うのを検討しても良いですよ。

なお「ION AUDIO Archive LP」にはヘッドホン端子が付いていないので、ヘッドホンでレコードを聴きたい人は注意が必要です。

こんな人にオススメ

・とにかく価格を抑えたい人

ION AUDIO Air LP/¥12,600

この商品の特徴

・Bluetooth搭載レコードプレーヤー
・レコードを埃から守るダストカバー付き
・ヘッドホン端子搭載


↑の上位互換機種である「ION AUDIO Air LP

前機種より新たに「Bluetoothで外部スピーカーに繋げる」「ダストカバー付き」「ヘッドホン端子」が搭載されました。

こちらも音質については「軽い」という声がよく上がっていますが「手軽にレコードを試したい」と言う人には充分だと思います。

こんな人にオススメ

・Bluetoothで外部スピーカーと繋ぎたい人
・ヘッドホンで聴きたい人

コイズミ SAD-9804/M/¥9,600

この商品の特徴

・1万円以下ながら音質良し
・木目調のオシャレデザイン

コイズミ SAD-9804/M」は1万円以下で購入できるシンプルな内蔵型プレーヤー。

この価格帯にしては「音質が良い」と評判で、
「安く抑えたいけど音質もこだわりたい・・・」という贅沢ボーイにオススメの機種です。

「イヤホン端子」「AUX端子」など外部出力端子も備わっています。
木目調のデザインもオシャレですね。

こんな人にオススメ

・低価格で音質にこだわりたい人

ANABAS audio GP-N3R/¥19,800

この商品の特徴

・スピーカー内蔵型の定番機種
・入門機種で低価格なので手が出しやすい
・初めてのレコードに最適

ANABAS audio GP-N3R」はレコード最盛期の小型レコードプレーヤーのデザインを復刻した機種。

レトロなデザインで最近人気が出てきているモデルです。

音質は「軽め」ですが、温かみのある音色が特徴。
レコードプレーヤーにしては珍しく「縦置き」もできる優れものです。

こんな人にオススメ

・レトロデザインが好きな人

ION AUDIO Superior LP/¥19,800

この商品の特徴

・カセット、CD、ラジオ、Bluetooth再生も使える
・この価格帯にしては高音質
・昭和時代のステレオを再現したレトロデザイン

ION AUDIO Superior LP」は僕が使っているレコードプレーヤーです。
レコードだけでなく「カセット」「CD」「ラジオ」「Bluetooth」も使えてかなり多機能なので気に入っています。

デザイン重視で購入したんですが、
音質はこの価格帯にしては良い方で、結構迫力のある音を出してくれますよ。

デザインもレトロでオシャレなので個人的にはかなりオススメ。
ただ本体サイズが結構大きいので、なるべく省スペースで楽しみたい人は注意が必要です。

こんな人にオススメ

・多機能はプレーヤーが欲しい人
・レトロデザインが好きな人

まとめ

ということで本記事では、
「2万以下で買えるスピーカー内臓レコードプレーヤー」を5つ紹介しました。

それぞれに特徴があるので、自分にあった機種を選んでみてくださいね。

「レコード以外も楽しみたい」「レトロデザインが好き」という人は僕が愛用している「ION AUDIO Superior LP」もオススメですよ!

関連記事
【初心者向け】今、レコードプレーヤーで音楽を聴く理由