特撮

【ネタバレなし】シン・ウルトラマンの感想【まだ観てない人向け】

「シン・ウルトラマン」観てきました。

感想を取り急ぎ書いておくと、
「ウルトラマンファンでも普通に楽しめた」ですね。

なんかこの映画、
「ひどい映画」とか「賛否両論ある」とか言われてるじゃないですか。

だけど僕は普通に楽しめました。
コアファンだからこそ分かる小ネタも散りばめられていてめちゃくちゃワクワクしましたね。

ちなみに僕は20代後半男子で、
ティガ→ダイナ→ガイアのど真ん中世代。昭和のウルトラマンもVHSで観まくってたまあまあのウルトラマン好きです(1番好きなウルトラ戦士はエースです)

正直、けっこう賛否両論あったんで観るかどうか迷ってたんですがマジで観て良かったです。

僕と同じように迷っている人は絶対観た方がいいですよ。

ちなみにこれ大事なことなんですけど、
どうせ観るなら同じく庵野秀明監修の「シン・ゴジラ」を観てからの方が断然おすすめです。

この2作品、同じ監督というだけあって”リンクする部分”も結構あるんですよ。

なので「シン・ウルトラマン」を2倍楽しむためにも、絶対に「シン・ゴジラ」は観ておいた方がいいです。

僕は「シン・ゴジラ」は何回か観たきりだったので忘れている部分も多く、劇場で「あ〜これ多分シン・ゴジラとリンクしてんだろうな〜」と何度か思ったので。

僕のように後悔しないためにも事前に「シン・ゴジラ」を観てしっかり予習しておきましょう。

【ネタバレなし】シン・ウルトラマンの感想

ウルトラマンファンでも楽しめたよ

参照:「シン・ウルトラマン」公式サイトより

冒頭でも書きましたが、
「シン・ウルトラマン」って割と賛否両論分かれてるんですよね。

やれ「ひどい内容」だの「詰め込み映画」だの色々言われてますが、
僕は一ウルトラマンファンとして普通に楽しめましたよ。

「シン・ゴジラ」と比較しても特撮映画としてクオリティが上がってるように感じました(シンゴジラのCGは「ん?」と思う点も多かったけどこの作品は違和感なく観れた)

ただ映画として、
物語がとんとん拍子に進みすぎて”詰め込み感”があったのは否めないですね。

まあなんせテレビシリーズ全39話を1本の映画にまとめてる訳ですから、これに関しては致し方ない部分もあるのかなと。

感想を一言で表すなら「”リアル”な空想特撮映画」

参照:「シン・ウルトラマン」公式サイトより

若干の”詰め込み感”はあるものの、個人的には普通に楽しめた「シン・ウルトラマン」

感想を一言で表すなら「”リアル”な空想特撮映画」ですね。

古き良き「空想特撮」を、上手く現代に昇華させてリアルに作り上げた映画です。

怪獣(禍威獣)が現れたり、光の巨人が現れたり、異星人がやってきたり。

そういうNotリアルな「空想特撮」な部分を、
いかに「これ、もしかしたら本当にありえるかも?」と思わせるのかを追求した作品だと思いました。

「シン・ゴジラ」を観た人ならわかると思うんですが、
あの映画の”リアルさ”って凄いじゃないですか。エグいくらいリアルなんですよね。

「もし本当にゴジラが現れたとき日本はこうなるだろう」ってのがリアルに描かれてるんですよ。

このリアルさが「シン・ウルトラマン」にも描かれています。
「シン・ゴジラ」と比べると若干漂白されている部分もありますが、それでも日本に怪獣が現れ、光の巨人が現れた時はきっとこうなるんだろうという部分がリアルに描写されています。

特に”あの人”の怪演が良かった

特に印象に残ったのは”あの人”の怪演です。

詳しくはネタバレになるので書きませんが、
実際に見た人なら誰のことを言ってるのか一瞬で分かりますよね?

いや〜すごかったですよね、あの人の演技。まさに怪演ですよ。

正直あんま好きな俳優さんじゃなかったんですけど、
あの演技をみて「これが真の実力派か・・・」と度肝抜かれました。本当凄い。

”あの人”のヒントはこちら↓

「シン・ゴジラ」とリンクする部分が多くてワクワク

参照:「U-NEXT」より

冒頭でも書きましたが、
「シン・ウルトラマン」と「シン・ゴジラ」はリンクする部分が多くてワクワクしました。

ちなみに公式では、
「シン・ウルトラマンはシン・ゴジラと同じ世界線」であると言及されてはいません。

でも、観ていると二つの作品には”つながり”を感じざるを得ない演出が散りばめられていました(シン・ゴジラで重要な役を演じたあの人が登場したり・・・)

まあこの辺は観る側のエゴで、楽しければなんでもいいじゃないですかって感じですね。

僕個人としては「シン・ウルトラマンはシン・ゴジラと同じ世界」だと思って観てました。

多分、ゴジラが現れた数年後の世界線なんだろうな、と。
そう考えるだけでワクワクしちゃうじゃないですか。

【提案】シン・ウルトラマンを2倍楽しむ方法

そんな「シン・ウルトラマン」をこれから観に行く予定の人へ。

この映画を2倍楽しむ方法をお教えしますね。

「シン・ウルトラマン」を2倍楽しむには、
絶対に「シン・ゴジラ」を予習してから観てください。

「シン・ゴジラ」を観てからの方が絶対に楽しめます。

なぜここまで断言できるかと言うと、
僕自身がそうしておけばよかったと後悔しているからです(笑)

「シン・ウルトラマン」には「シン・ゴジラ」とリンクする部分が多くあります。

もちろんストーリーの連続性はありませんが、
「シン・ゴジラ」を事前に予習しておけば「お!」とニヤニヤしちゃうポイントがいくつかあるんですよ。

そういう小ネタを見逃さないためにも、
絶対に「シン・ゴジラ」を事前に予習しておくことをおすすめします。

【朗報】「シン・ゴジラ」はサブスクで無料で観られる

ちなみに「シン・ゴジラ」はいくつかのVODサービスで定額見放題作品として配信中です。

配信サービス配信状況無料期間月額料金詳細へ
見放題作品31日間2,189円\オススメ/
無料で見る
見放題作品2週間1,026円無料で見る
見放題作品30日間500円無料で見る

見放題作品なし990円〜無料で見る

NETFLIX以外のサービスには無料体験期間があります。
この無料体験期間中に解約をすれば「シン・ゴジラ」を無料で観ることができちゃいますよ。

オススメは日本最大級の配信作品数を誇る「U-NEXT

圧倒的な配信数&無料お試し期間も長いので超オススメです。

日本最大級というだけあって月額料金も高めですが、無料期間で解約すること前提であれば関係ありませんね。

登録は↓のリンクから簡単にできますよ。

31日間は無料で全作品見放題

まとめ

本記事では、
映画「シン・ウルトラマン」の感想をネタバレなしで書いていきました。

僕の感想をまとめると、

  • ウルトラマンファンでも十分楽しめる
  • ”リアル”な空想特撮映画
  • 特に”あの人”の怪演が凄かった
  • 「シン・ゴジラ」とリンクする部分でワクワク
  • 絶対に「シン・ゴジラ」を予習してから観るべき

よく考えたら映画館で特撮映画を観たのは何十年ぶりでした(シン・ゴジラはサブスクで初めて観た)

やっぱ良いですね、特撮は。
いくつになっても男子をワクワクさせてくれます。

当時、ウルトラマンに夢中になった人でもそうでない人にでもおすすめできる作品です。

繰り返しになりますが、
事前に「シン・ゴジラ」を観ておけばこの作品を2倍楽しめるのでおすすめです。

万全の状態で「シン・ウルトラマン」をお楽しみくださいね。

\「シン・ゴジラ」の予習はこちら/