レトロゲーム

2022年に『MOTHER』シリーズをプレイする方法まとめ

任天堂の超人気レトロゲーム『MOTHER』シリーズ

プレイしたいっすよね。

めっちゃ分かります。
今だに『MOTHER』って定期的に世の中で話題になりますもんね。凄い作品です。

テレビのゲーム特集では必ず”名作”として紹介されるし、
最近では「UNDERTALE」がMOTHERに影響を受けたゲームとして売れたりもしました。

ということでこの記事では、
2022年の今『MOTHER』シリーズをプレイする方法をまとめてみました。

「MOTHERがやりたくてたまらん!」


「昔はソフト持ってたけど手放した!後悔してる!」

って人はぜひ参考にしてみてくださいませ。

今、『MOTHER』をプレイするのは実は難しい

いきなり絶望与えるようで申し訳ないんですが、
2022年の現在、『MOTHER』を新たに手に入れるって実は結構難しいんですよ。

あとから詳しく紹介してきますが、
基本的には生産終了になったハードを使用しないとプレイできないので、プレミア価格ついてたりして結構値が張るんですよね。

まあ高いお金出してでもプレイする価値のある作品なのは間違いないんですが、
当時の実機やソフトをそのまま所有している人が圧倒的に勝ち組です。


「もうやらんだろ」と手放してしまった昔の自分をぶん殴ってやりたいですね。

でも今はレトロゲームを吸い出してプレイできる「レトロフリーク」みたいな便利なコンソールも発売しているので、そういうのをうまく活用していきたいですね。

2022年に『MOTHER』をプレイする方法まとめ

ではここからは具体的に『MOTHER』をプレイする方法をまとめていきます。

2022年に『MOTHER』をプレイするには、
「実機で遊ぶ」「ダウンロード版で遊ぶ」かの2パターンから選ぶことになります。

①WiiUのバーチャルコンソール

2017年に生産終了したWiiU
そんなWiiUのバーチャルコンソールで『MOTHER』シリーズが全て配信されています。
しかもダウンロード版の価格はすべて数百円台と超安価。

WiiUを持っている人はラッキーですね。
持っていない人は購入となるわけですが、生産終了したハードなので基本的にはAmazon等で中古品を買うことになります。

中古品には当たり外れがありますので、
販売元や状態(基本は”良”以上を購入たほうがいい )には注意しましょう。

今のところWiiUのバーチャルコンソールは、
『MOTHER』シリーズをすべてプレイする唯一の方法となっています。

②3DSのバーチャルコンソール

同じくダウンロード版ですが、
3DSのバーチャルコンソールでも『MOTHER』をプレイすることができます。

ただし、こちらは『MOTHER2』のみの配信。
初代『MOTHER』と『MOTHER3』の配信はないので注意しましょう。

また、重ねて注意ですがダウンロード版『MOTHER2』に対応しているのはNewニンテンドー3DSのみ。
普通の3DSやLLではプレイできないので、中古品を購入する際は注意してくださいませ。

③GBA(ゲームボーイアドバンス)

MOTHER1と2が一つに収録された『MOTHER1+2』
および『MOTHER3』はGBAのソフトなので本体と一緒にこれらを手に入れるのもあり。

当然、すべて中古品を購入することになるので販売元や状態には十分気をつけましょうね。

④実機

この際、思い切って当時の実機でプレイするのもあり。

当時の思い出を、当時の環境で。
それはそれでなんだかエモいじゃあないですか。

ただしファミコンおよびスーファミは今のテレビには接続することが出来ないので注意。
ファミコンやスーファミをプレイするには「アナログテレビ」か「ブラウン管テレビ」が必要になります。

ぶっちゃけ、そこまでしてやるんか?

と思うかもしれませんが、
昨今のレトロブームで「昔のテレビ」を買い直して当時のゲームを楽しむ層がいるそう。
ブラウン管テレビのあのレトロ感や色味が”エモい”のです。
僕が大好きなYouTuberみの氏も動画で「レトロゲームやるためにブラウン管テレビを買った」と言っていました。

10:30〜登場

便利な時代でのあえてのレトロ。
当時のゲームを当時の環境でプレイすることにエモさを感じてみませんか?

⑤レトロゲーム互換機「レトロフリーク」

「MOTHER以外のレトロゲームもやりたい」

そんなレトロゲームをたくさん所有してる人には「レトロフリーク」がオススメです。

レトロフリーク」は当時のソフトをそのまま装着して遊べるコンソール。
過去発売されたほとんどのレトロゲームと互換性を持つ優れものです。

ファミリーコンピューター(FC)
スーパーファミコン(SFC)
Super Nintendo Entertainment System(SNES)
ゲームボーイ(GB)
ゲームボーイアドバンス(GBA)
ゲームボーイカラー(GBC)
メガドライブ(MD)
GENESIS(GEN)
PCエンジン(PCE)
TurboGrafx-16(TG-16)
PCエンジン スーパーグラフィックス(SGX)

しかも一度読み込ませたら、次からはソフトを差し込まなくてもプレイ出来ちゃうのがありがたい。家で眠ってるレトロゲームを全部読み込ませることができちゃう訳ですね。

価格は32,000円と決して安い買い物ではないですが、
レトロゲームをたくさん所有してるという人には超おすすめのハードですよ。

全ゲーマーの願い:頼むからSwitchで出してくれ。

以上、本記事では2022年の今『MOTHER』シリーズをプレイする方法をまとめました。

ここまで書いておいてなんですが、
2022年を生きる全ゲーマーの願いは「頼むからSwitchで出してくれ」ってとこですよね。

ダウンロード版でもなんでもいいから、Switchで出してくれないかな。
ちなみに今のところ「MOTHERがSwitchに!?」みたいな噂は全くもって出ておりません。

配信されるようになるのを気長に待つか、この記事で紹介した方法で手っ取り早くプレイするか。みなさん、自分に合った方法で『MOTHER』を楽しんでいきましょうね。

個人的には「レトロフリーク」を推します。
持ってるレトロゲームソフトをこれ一台で全部遊べるのはやっぱアツいっす。

関連記事
大名作『MOTHER』のBGMが良すぎるから解説する